医療レーザー脱毛でツルスベ大人の艶肌

 
あなたはどんなムダ毛処理、脱毛方法を実践されていますか?

ある女性誌がアンケートを取ったところ、ワキの脱毛については、

1、カミソリを使う
2、毛抜きで抜く
3、シェーバーを使う
4、脱毛クリーム

という順番でした。

もちろん、これらを合わせてやっている方も多いようですが、
これらの脱毛法にはいろんな不都合があります。

まず、一番多いカミソリによる脱毛ですが、
鋭利な刃物で皮膚をこすることにより、皮膚が炎症を起こすことが多いです。

男性のヒゲ剃り負けと同じような現象がワキにもしばしば起こることがあります。

雑菌が入って毛穴が化膿することもあります。

また、毛抜きを使う方法は、時間がかかるのが最大の欠点でしょう。
朝起きて、ワキの毛の手入れをしていなかった、というのに気づいても、
悠長に毛抜きで毛を抜くことはできないものです。

また無理やりひっぱることで痛みもあり、とり肌のように毛穴がポツポツと目立ったり、炎症を引き起こすこともあります。

シェーバーもカミソリと同様に炎症を起こすことがあり、また人によっては脱毛効果があまりなかったり、ほとんど毎日おこなわなければならず、わずらわしく感じられます。

また、脱毛クリームの場合は、肌に合わないという方も多いのが実情です。
なぜなら、脱毛クリームは、毛の成分であるタンパク質を溶かすと同時に、
皮膚の保護膜までも溶かしてしまいますから、かぶれる方が多いのです。


以上、従来の脱毛法である、一時的な脱毛法のデメリットを指摘しましたが、共通する最大の欠点は、何十年も同じことをしていかなければならない、ということでしょう。

10代、20代だけではありません。

30代、40代、50代・・・

どの方法をとるかによって脱毛をする間隔は異なりますが、必ず脱毛を繰り返さなければならなくなります。

同じことを繰り返し、しかも炎症などの危険性も伴います。

時は金なり、と昔からいいますが、脱毛にかける時間は一生のうち、全く無駄な時間と言えるのではないでしょうか。

美しくスピーディーに結果を出せる医療レーザー脱毛がお勧めです!